読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Some Folks Lives

買ったものとか、ゲームとか

ウォークマン W263 S764 MDR-NWBT10Nの比較

20120704_133107_2

以前も言ったと思いますが、自分はワイヤレス大好き人間です。

 
なわけで、自分としてはウォークマンのWシリーズこそが、ポータブルオーディオプレイヤーの究極系だと思ってたんですが、最近ちょっと右側が聞こえなくなってしまったんですね。

 

そこで、「新たに同じのを買うかー」と思ったんですが、全く同じというのもやだな、と思い、
せっかくだから、ノイズキャンセル付BTとやらの実力を見せてもらおう、ということで
S764BTを買ってみました。

 

ところが、何気なくW263を水洗いしてみたら、何とあっさり復活!
どうやら耳垢が詰まっていただけらしい(汚くてすんません・・・)

 

というわけで、せっかくだから比較してみようと思いました。

 

●W263――携帯性はピカイチ 

20120704_133241
まずW263は、とにかく携帯性という点でずば抜けています。

Ca3i0066

普段はこんな風にちょっと引っ掛けておいて、出かけるときにさっとつけていく。

 

音楽を聴きながら帰宅し、そのまま服を着替えたり、料理ができる。

ワイヤレスの恩恵もさることながら、装着感もまったく違和感を感じさせず、操作も簡単、バッテリーも長持ち。まさに「音楽を身につける」という感じです。 

 

賛否両論なザッピン機能も、自分は好きですよ。

 

確かに、デメリットもあります。
例えば、プレイリストを作成できない、イコライザー機能がない、選曲がやっかい、などなど。

 

ですが、好きな曲を聴く、というより、「何かしながら音楽を流しておく」という感じであれば、さほど気にならないと思います。

 

とはいえ著作権データのある曲を、ダウンロード購入して直接聞くことができない(CDなどに一度焼きなおさないといけない)」というのは、さすがに意味不明ですけどね。

 

●S764とMDR-NWBT10N

20120704_133204

そんな自分がS764BTを買おうと思ったのは、やっぱりブルートゥースですね。

特にTF101を買ってから、通勤のバスのなかでyoutubeなどの動画を閲覧する時に、w263を外して、それからイヤホンを出して付け替える、というのがめんどくさくなってきました。

 

なんで、イヤホンはつけっぱなしで、必要に応じて音楽端末からPCないしタブレットへ、と接続を変える感じにしたいなーと思ったわけです。

 

加えて、ノイズキャンセルというのも未経験なので試してみたかった。

現状、お手軽価格でブルートゥース+ノイズキャンセル付では、MDR-NWBT10N一択らしいんで。

20120704_1334211

で、結論から言うと、「そこそこ便利だが、中途半端感が半端ない」という感じです。

 

まずこのMDR-NWBT10Nですが、使用する場合は襟あるいは胸ポケットにクリップで挟んでつけます。
電波(?)の感度はとても良く、音が途切れることはまずありません。
ノイズキャンセルも、少なくとも自分は、かなり効果があると感じました。

 

とはいえ、まず操作性ですね。
この形状は、何か理由があるのかわからないけど、音量ボタンが押しづらい・・・。
慣れてくれば別ですが、慣れるまでは早送り・巻き戻しもやりづらかった。

 

それから、音質です。
もともと自分はそれほど音質にこだわるほうじゃないし、また当初の印象では、普通に良い音質だと感じていました。

 

しかしs764付属の有線イヤホンに付け替えたら、あまりの音質の良さにびっくり!

これには、wシリーズこそが究極だと言っていた自分が間違っていたと気づかされました。

やっぱ音楽は音質大事です!

 

その視点からすれば、BTはやっぱ音質がしょぼいですねー。

聞き比べた結果としては、w263よりも音質は悪いです。

なんか、低音と高音が薄っぺらく、迫力が欠けている。

 

といっても、音楽を聴くという用途における標準は満たしていると思いますが。

20120704_133335

最大の問題は形態性です。

まずコードが長い。

コードがカバンやポケットの中でぐちゃぐちゃになるのが嫌だから、ワイヤレスにこだわっているのに、これだけコードが長いとその意味が無い。

 

それからバッテリー。

確かに、通勤時に聞くくらいなら大丈夫ですが、w263のように「どこでもいっしょ」というところまではいかない。

 

●結論:wシリーズをBT対応・ノイズキャンセル対応にしてくれ!

はい、というわけで結論はこれ。

 

携帯性抜群のwシリーズに、BT機能およびノイズキャンセルをつけてくれ!

 
 

この場合、wシリーズ本体の容量は、もっと抑えてもいい。
特に聞きたい曲だけを選んで入れておいて、じっくり音楽を聞きたい場合、あるいはイコライザー機能を使ったりしたい場合には、別のウォークマン本体とワイヤレスでつないで聞く。

  

そしてwシリーズをつけた状態で、動画を見たくなればPCなりタブレットなりと接続を切り替える。

 

ずっと装着したまま、PC・タブレット・音楽端末など色々なデバイスと接続を切り替え、あるいはwシリーズ本体だけで買い物に行ったり・・・・
まさにこれこそ、ワイヤレスの究極形だと思う。

 

やれないことはないでしょ!?ソニーさん!やってくれるよね!?