読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Some Folks Lives

買ったものとか、ゲームとか

TF101――半文鎮化からの復活と「なんちゃって」ubuntu導入

えー、padfone買ってからというもの、TF101を色々いじってます。

で、いじってたらある日ふと、何度起動してもCWMリカバリしか起動されなくなっちゃったんですね。

ただし、ボリューム下押しでの起動なら、とりあえずAndroidが起動する。

なので、完全に文鎮じゃないというわけで「半」文鎮化という状態になっておりましたが、このたびあっさりと治りました。

やり方は簡単で、

ASUSの公式にいく

②「ダウンロード」のページに行く

③機種のタイプとかを選んで、TF101の「ファームウェア」から、「JP」のやつをダウンロード

ASUS Transformer Root ToolKitで、さっき落とした公式ROMをインストール

で、初期化されたけど治りました。

 

なんで長引いたかというと、自分のTF101はSBKv2でして、そしてAPXからシステム領域に書き込みができるのはSBKv1までだ、という情報を得ていまして。 

「あー、それじゃあRootkitからAPXでどういじってもダメだな」と決め付けてしまっていました。

まあ、何事につけ、思い込みこそ最大の敵というわけですね。

 

さてさて、そんなわけでTF101があっさり治り、「この分なら、少々無茶しても簡単に復帰できそうだな」と、気を強くしたところで、前々から思っていたことを実行しようと思い立ちました。

それは、まあ別に勿体付けることもないんですが、TF101へのubuntuの導入です。

 

以前も述べたように、自分はタブレットスマホの、ハードウェアとしての可能性は認めるんですが、ソフトウェア面ではかなり不便、というか限界を感じています。

それがubuntuであれば、とりあえずLibreOfficeなどが起動できるし、何よりマルチ・ウィンドウでの作業が可能になる。 

加えて、padfoneのせいで、TF101が正直使い道なくなってしまいましたしね・・・・。

何か、存在意義をあげたい。

  

というわけで、TF101へのubuntu導入に向けた情報を集めていたんですが、どうも前途は多難なようです。

SBKv1用のubuntu導入ツールならあっさり見つかったんですが、SBKv2になると、かなり高度な知識が必要になる感じ・・・。

素人ではとてもやれそうにない・・・・。

  

うーん、どうもubuntu for androidなるものも開発中らしいし、おとなしく待つべきか、と思っていたところ、ふとyoutube

Run Ubuntu on your Android Tablet  

という動画を発見!

 

おお!どんな機種かによらず、ubuntuが導入できるのね!

しかも、すごくわかりやすく手順も書いてある!早速やってみよう! 

と試してみました。

 

必要なファイルのダウンロードに多少時間はかかったものの、30分とかからず、無事に導入成功!!

Ca3i0109

おお、本当にubuntuの画面が・・・・・・

と思いきや、これ・・・・

なんか「仮想領域に起動したubuntuを、VNCで操作する」というだけなのね・・・・。 

まあ、確かにubuntuを動かしている「かのような」気持ちにはなれる。

けど、レスポンスが悪いし、とにかく肝心の文字入力が、キーボード設定がぐちゃぐちゃなせいでまるでできない。

それでもまあ、ブラウザを閲覧するとか、その程度なら支障は無いんで、ubuntuを動かしている「かのような」気持ちになりたい人は、youtubeにてぜひご覧ください。

 

※追記

上記の「なんちゃって」ubuntu導入についてですが、どうもタブレットをシャットアウトした場合、再びubuntuを表示するためには、再びadbからbootubuntuをしないといけないようです。

とてもめんどくさい・・・・。

そんなわけで、興味本位でもあまりお勧めしません。

「一度だけでもいいから、どうしても、自分のタブレットubuntuが動いているのを見たい!」という方のみ、あくまでも自己責任の範囲でやってみてください。